通用banner
あなたの現在の場所 : ホーム > メディアとイベント > 会社情報

メディアとイベントNews

お問い合わせContact Us

XINGHUA TONGBU CASTING CO.,LTD

セールスマネージャー:Feng Anyuan

電話番号:+86523 8345 8838

ファックス:+86523 8345 8868

モバイル:+86 186 0523 8772

メール:fay72@163.com

ウェブサイト:www.topcast-carbon.com

住所:中国江蘇省興化市経済開発区康民路


ニッケルクロム合金の構造特性と熱処理の関係

2019-11-16

以下のニッケルクロム合金の構造特性は、合金熱処理プロセスを定式化するための理論基礎です。

1)ニッケルクロム合金はオーステナイト固溶型合金です。固溶処理で合金を柔らかくすることができます。

2)ニッケルクロム合金の炭化クロムは高温から冷却される時、冷却速度が遅いとオーステナイト粒界に沿って析出して、合金の塑性が低下して強度が高まるため、冷引抜きが難しくなります。 炭化物の分布を改善するためには、固溶後に急冷を行い、悪影響を軽減する必要があります。

炉管

3)ニッケルクロム合金粒は高温でゆっくり成長するから、高温脆性はありません。 したがって、合金が熱処理中に加熱温度と保持時間の許容範囲が比較的に広いです。

ニッケルクロム合金は上記の構造特徴を有しているため、固溶処理において以下のような特徴を持っています。

1)溶液温度は、合金中の炭化クロムが完全に溶解することを保証する必要があります。 固溶処理の効果は、炭化クロムが完全に溶解するかに相当します。

2)合金が高温で粒成長速度は遅いから、温度と保温時間の影響をあまり受けなく、広い範囲で動けます。

3)炭化クロムの分布を適切にするために、固溶処理時に急速に冷却する必要があります。

上記は、興化市同歩鋳造有限会社から紹介された関連コンテンツです。皆様のお役に立てれば幸いです。


タグ

最近見たもの:

関連製品

関連ニュース

手机二维码