通用banner
あなたの現在の場所 : ホーム > メディアとイベント > 会社情報

メディアとイベントNews

お問い合わせContact Us

XINGHUA TONGBU CASTING CO.,LTD

セールスマネージャー:Feng Anyuan

電話番号:+86523 8345 8838

ファックス:+86523 8345 8868

モバイル:+86 186 0523 8772

メール:fay72@163.com

ウェブサイト:www.topcast-carbon.com

住所:中国江蘇省興化市経済開発区康民路


中国における耐熱鋼電熱合金の生産概況

2019-11-16

中国における耐熱鋼電熱合金の生産概況

生産概要

1950年代初期、中国はニッケルクロム鉄電熱合金製品の生産を開始しました。 当時は感応炉製錬法を使用していました。 1960年代、工業生産の発展に伴い、電熱合金の需要は絶えず増加していました。ニッケルとクロムの資源の不足により、鉄-クロム-アルミニウム系の電熱合金の開発が始まり、60年代中期に鉄-クロム-アルミニウム系合金の生産技術を習得しました。40年近くにわたる継続的な開発と改善の結果、中国の特性を持つ電熱合金システムが確立されました。現在、あらゆる種類のニッケルクロム、ニッケルクロム鉄、鉄クロムアルミニウム電気加熱合金ワイヤー、ストリップ、フラットワイヤーが生産できます。使用温度は1400°Cに達せます。 中国は現在、世界に電熱合金品種がそろっている国1つです。

ガラス炉用電気ヒーター

1.電熱合金の生産高

中国は1966年に約7000トンの電熱合金を生産し、2006年の生産量は10,000トンに達しました。 その中で、ニッケルクロムとニッケルクロム鉄合金は約8%を占め、鉄クロムアルミニウム合金は90%以上を占めます。 中国の電熱合金は、鉄クロムアルミニウム合金を主要製品とします。スウェーデン、米国、日本、ロシア、その他の国の電熱合金は、ニッケルクロムとニッケルクロム鉄合金を主要とし、その比率は50%から70%です。現在、中国の電熱合金の生産高はスウェーデンに次ぐ世界第2位です。

2.電熱合金の製品構成

中国の電熱合金は、製品構造を継続的に改善する必要があります。 現在、線材は60%〜65%を占めています。 ストリップの比率は低いです。しかし、ストリップは大規模な工業用炉で広く使用されています。ストリップ生産への投資は線材よりも大きいため、且つ技術的な困難は非常に大きいから、これまでのところ、仕様規格はまだ完全ではなく、製品の品質を改善する必要があります。


タグ

最近見たもの:

関連製品

関連ニュース

手机二维码