通用banner
あなたの現在の場所 : ホーム > メディアとイベント > 会社情報

メディアとイベントNews

お問い合わせContact Us

XINGHUA TONGBU CASTING CO.,LTD

セールスマネージャー:Feng Anyuan

電話番号:+86523 8345 8838

ファックス:+86523 8345 8868

モバイル:+86 186 0523 8772

メール:fay72@163.com

ウェブサイト:www.topcast-carbon.com

住所:中国江蘇省興化市経済開発区康民路


耐熱鋼鋳物の熱処理内容の紹介

2019-11-16

耐熱鋼鋳物に関しては、熱処理産業について言及する必要があり、熱処理について言及すると、焼鈍、焼ならし、焼き入れ、焼戻しの4つの工業技術を言及しなければならないです。それらの違いについて話しましょう。

1.焼きなまし

金属をゆっくりと特定の温度まで加熱して、一定時間保温してから、ゆっくりと室温まで冷やすことです。言ってみれば、ラーメンを煮ましたが、熱すぎるから、置いておき、冷ましてから食べます。焼きなましの原理とは同じです。

ガラス炉用炉ローラー

2.焼きならし

金属を臨界温度より30〜50℃高く加熱し、適切な時間に保持する後、空気で冷却する熱処理プロセスです。それは焼きなますと大体同じです。ただし、焼きならしの冷却速度は少し速く、生産周期が短いです。上記の例と同じ、麺を食べたいが、熱いから食べられません。ファンを利用して麺を吹き、短時間で食べられることになります。焼きならしと焼きなましと同じく部品の性能要求に満足できます。選択チャンスがある場合、焼きならしを使用してください。焼鈍と焼ならしが兄弟であると言えば、焼入れと焼戻しは決して去ることのない良いパートナーです。

3.焼入れ

金属を臨界点以上に加熱して、このとき金属の内部構造や状態がオーステナイト化します。金属がこの変化を受けるようにするには、一定時間熱を保持する必要があります。次に、準安定マルテンサイト構造または低ベイナイト構造を得るために、臨界冷却速度よりも速い速度で金属を冷却します。この急速冷却方法は通常、次のようになります:1つは水中で金属を冷却することで、もう1つは油で冷却することです。焼入れ後、マルテンサイト組織が得られますが、内部組織構造が不均衡が現れます。硬度は高いですが、塑性と靭性が悪く、脆性も大きいです。そのため、焼入れ後の金属は完成品として出荷しません。

4.焼き戻し

金属が硬化した後、臨界温度以下に加熱します。一定期間に保温して金属内の構造を均一に分散してから、室温に冷却します。それにより、一定の強度、硬度、および一定の可塑性と靭性を持つ完成品を得ることができます。これは1 + 1> 2の例です。


タグ

最近見たもの:

関連製品

関連ニュース

手机二维码