通用banner
あなたの現在の場所 : ホーム > メディアとイベント > 会社情報

メディアとイベントNews

お問い合わせContact Us

XINGHUA TONGBU CASTING CO.,LTD

セールスマネージャー:Feng Anyuan

電話番号:+86523 8345 8838

ファックス:+86523 8345 8868

モバイル:+86 186 0523 8772

メール:fay72@163.com

ウェブサイト:www.topcast-carbon.com

住所:中国江蘇省興化市経済開発区康民路


耐熱鋼合金の熱加工性能

2019-11-16

ニッケルクロム合金と鉄クロムアルミニウム合金は金属組織が異なり、高温特性も異なります。合金の熱間加工性をどのように把握するかは、ブランキングおよび熱間圧延の生産において重要な部分です。

粉末冶金引き出し

鉄-クロムアルミニウム合金の熱間加工性:

鉄・クロム・アルミニウム合金は高温でフェライト構造をしており、常温で合金中に存在する炭化物や窒化物などの析出物が一部溶解します。鉄クロムアルミニウム合金は、次の熱間加工特性を示します。熱間加工技術を策定する際には、これらの特性に注意する必要があります。

1)フェライト粒子は720から780°Cに成長し始め、900°C以上速く成長し、1000°Cを超えると急激に成長します。粗化後のフェライト鉄合金の熱間加工性が大幅に低下します。このため、鉄-クロム-アルミニウム合金の加熱プロセスを作成する場合は、高温領域での滞留時間を短縮する必要があります。特に、1000℃を超える滞留時間は短くする必要があります。

2)フェライト合金に存在する炭化物、窒化物、その他の析出物は高温冷却中に析出し、合金の冷間加工性を低下させます。このため、高温ブランキングと熱間圧延の後に合金を急冷して、化合物と析出相の析出量を減らし、熱間圧延製品の冷間加工性を向上させる必要があります。

3)フェライト合金の熱伝導率は比較的良く、オーステナイト合金の1.5倍です。そのため、加熱時には鉄クロム・アルミニウム合金を高速に加熱して、加熱時間を短縮します。

4)フェライト合金の線膨張係数は、オーステナイト合金の線膨張係数より約60%小さいです。急冷・急熱による熱応力に耐える力は弱いので、過度の温度差による内部応力により合金に割れが発生しないように鋼塊やビレットを炉に投入する温度が低い必要があります。。

要約すると、上記の鉄クロムアルミニウム合金の高温特性は、ブランキングおよび熱間圧延プロセスを策定する際に考えに入れる必要があります。


タグ

前:もうない

最近見たもの:

関連製品

関連ニュース

手机二维码